先天性股関節脱臼|大人の症状と改善例

alt=””

はじめに

こちらは先天性股関節脱臼(大人)の方の症状の改善例です。右股関節に痛みがあり、歩く時跛行〔はこう〕していましたが、股関節矯正で脚長差を縮めることで、痛みがなくなり、普通に歩くことが出来るようになりました。

また、矯正を続けていく中で、悩まれていた頭痛や肩こりが軽くなり、左足が長い体質〔胃腸の弱さや子宮の機能低下、冷えなど〕が改善されました。

以下は、その方の詳細な施術の記録になります。

両股関節臼蓋形成不全、逆子で取り上げられ先天性股関節脱臼に

詳細:K・Iさん 50代 小平市在住

K・Iさんは、生まれたとき、逆子で取り上げられたために、右股関節の先天性股関節脱臼になりました。更に、7年程前、肩と腰の痛みに耐えかねて病院で検査を受けた時、両股関節の臼蓋形成不全と診断されています。

二年前には、右股関節に痛みが出て検査し、軟骨の磨り減りを指摘された際、いずれは股関節の手術を、と言われました。以後はカイロ、鍼灸、ありとあらゆるところへ行かれたと言う事ですが、一時的には改善されても数日で元に戻る繰り返しで意味がないと感じるようになり、痛みをだましだましでここまで来たのですが・・・、

二日前に、一日中座る姿勢を続けて立ち上がった時、右の股関節に痛みが出て、歩く時跛行するようになりました。はじめてハンズオブライトにいらっしゃった時はこのような状態で、五日後に海外に行く仕事も待ち受けていて、少しでも良くしたい、と状況が非常に切迫していました。

左脚が長く、左股関節が外旋・外転、右股関節が後方脱臼し右脚のみX脚、骨盤の高低差が5センチ程ありましたが、初回の矯正で3センチ程に縮まり少し歩きやすくなった事を確認されました。

翌日いらした時は、跛行の状態が明らかに改善されていて、少し駆けることもできるようになっていました三日連続して矯正をして、更に骨盤の高低差が縮まり、痛みもかなり楽になり、立ち方にも安定感がでてきた所で、元気に海外へと旅立っていかれました。

旅から元気に戻られて7回目の矯正

股関節の痛みはなく湿布もとれたと笑顔で、跛行もなく普通に歩くことができています。また、矯正をはじめてから、頭痛、肩こり〔右〕がだいぶ楽になり、矯正をはじめてからこの2ヶ月間頭痛薬を飲まれていません。

左脚が長いため消化器系が弱く、ストレスで胃に痛みなど出ることがありましたが、それが改善されてきており、食欲が以前より増して、よく食べられるようになりました。

疲れやすさもだいぶ改善されてきています。〔例えば、お仕事の後電車の中で具合が悪くなったら座れるように、各駅に乗って帰っていたのが、今では躊躇しないで急行に飛び乗っているそうです。〕

矯正をはじめて七回目ですが、効果はこのように、内臓の機能や頭痛の解消まで、全身に及んでいます。

  alt=””   ~矯正をはじめてから1年と4カ月が経過~

以後、月に3回ペースで矯正を続けて一年と4か月が経過しました。

施術矯正を続けて思うのは、やはり、右側脱臼の足同様、左側の足も非常に矯正し辛いという事です。左外向き、右内向きで、通常は矯正に大いに活用できるはずの、左右の股関節の連動力をあまり感じられません。

両側臼蓋形成不全症だけであるなら、今頃は完治されている事と思います。矯正スクワットや自己整体等も、惜しまず実践されているのです。

この先天性股関節脱臼は時間が経ってから修復することは出来ないので、通常の股関節の方のように順調には行きませんし、正しい足(大腿骨)の角度と、それを支える筋力をつける事が矯正の要点になります。

しかし、ここのところ、確実に大きな山を越えられたという感慨を持ちました。

ある時、忙殺的なスケジュールの中で自己整体や十分な矯正もできなかったのに、何故か転位が悪化することもなく、右足がかなり開くようになったのです。この右足の開きはそのまま脚長差の改善ですから、それまでより姿勢が非常に整いました。

骨盤が整い、背骨のゆがみが矯正され、首(頚椎)のねじれが改善されたために、根深かった首のコリと肩こりがほとんどなくなりました。それに伴い頭痛も、更に、楽になっています。また、以前は頻繁に寝違えていたのですが、そういったこともなくなりました。

それ以降、体調はすこぶる良い状態が半年程前から続いています。

常に、食欲はあるし何でも食べられるようになり、疲労しにくくなり、やりたい事は何でもやれるようになりました

冷房などの急激な寒暖差にめまいがおきることもなくなっています。

また、冷えが改善され、それは、足裏にも現れています。リフレクソロジーの子宮の反射ポイントを押してもあまり痛がらなくなりました。これは、以前、押すとたちまち気分が悪くなった場所です。ここの機能に回復がようやく見られたことで、私としても非常に安心しました。最近では、階段は一段飛ばしで上り降りされたりするそうです。

おわりに

先天性脱臼の股関節は、未だ、脚長差と共に一進一退といったところがあります。身体上のすべての問題が解決したというわけではありませんが、股関節痛や歩きづらさなどは大分前に完全消失して以来、状態が戻ることはなく、内臓機能をはじめとする体調、体質、体力的なことが十二分に回復されました。

これからも気を抜かずに矯正スクワットをはじめとする矯正動作等励行されれば、今の状態をご自分で維持することは、十二分に可能と思われます。

先天性股関節脱臼と脚長差

先天性股関節脱臼の遠隔矯正

股関節亜脱臼の改善例