左足の股関節痛|取り戻した歩行

alt=””

はじめに

長いほうの左足に股関節痛を抱え、ハンズオブライトにいらした方の症例です。通常、股関節痛などの症状は、はじめは短い方の足にでる場合が多く、股関節的に重症となってくると、この方のように長い足の側にもでるようになります。

こちらの方は左足が長く、長い方の左足に症状がでていますから、このパターンは、短い足に症状がでているよりも、改善されるのに時間がかかることが多いんですね。しかも、両股関節が内旋している場合には特に、施術を受けられるにしても、自己整体で癒されるにしても、少々工夫が必要になってきます

両股関節が内旋といって内ねじれのタイプだと、矯正が簡単な股関節のタイプに比べると、足の長さをそろえるのに時間も数倍かかります。この方の場合は、慢性の股関節痛が消失して、歩行に問題がなくなるのに3ヵ月かかりました。

より安定した領域へと股関節が矯正されるまで、矯正スクワットのパターンを、必要に応じて、何度も変更したのでした。

奇跡の歩行を取り戻すまで

詳細:M・O様 40代 東久留米市在住

M・Oさんは3センチほどの骨盤の高低差があり、どちらの脚も内旋していて、長い方の左股関節に何年も前から痛みが出ています。内旋度合いが両股関節共に強く、脚長差も大きく、症状も長い側に出ていて、矯正も一筋縄では行かない感じでした。

左股の痛みは矯正をはじめてから少しずつ楽になり、一時は股関節の事を忘れ、気がつけば小走りに『奇跡の歩行〔ご本人の言〕』をされていたほど調子が良くなったのですが、別の日に長時間歩かれた際に、痛みが復活してしまいました。

4回の矯正で左右の脚長差が縮まり、その上で左股も矯正されていましたが、長時間の歩行によりそのバランスが脆くも崩れてしまい、翌日まで寝込んでしまうほどでした。矯正動作を忘れて自由に動き回るには、少し早かったようですね。

痛みも全身の疲労も、すべては股関節の角度〔脚長差〕の問題です。

右股関節とのバランスにおいて左股関節が安全領域へとしっかり治まるまでは、あまり無理をせず、また気を緩めずに矯正動作を守りぬきましょう。

6回目の今日は、ほとんど脚長差が揃っていたのですが、全体のバランスということを少し犠牲にして左股も十分に開きました。

矯正後に歩いた時は、それまで感じていた左股の痛みがなくなり、全身のエネルギーの通りがよくなったと喜ばれていましたが、まだまだ一進一退の油断ならぬ状態です。

再び奇跡の歩行を取り戻し、股関節の事を忘れていられる日が来るまで、がんばりましょう。

矯正をはじめて2ヶ月・・・わずかな違和感が患部に残りますが、このところはずっと、痛みを忘れて歩行出来ている事に気が付きました。脚長差もほぼ揃っています。両股関節共に矯正されて、骨盤、背骨の過度の弯曲も改善されました。

腰が反りすぎてお腹と胸が前に突き出された格好だったのですが改善され、お腹がかなり凹んだので、ピタっとしたシャツを数年ぶりに着れるようになったと嬉しそうに話してくださいました。骨格の矯正だけで、こんなにも肉のつき方や全体的なプロポーションが変わってきます。

長い足の側に症状のでている今回のようなケースでは、短い足に症状のでている場合と違って、矯正動作なども一長一短に作用します。矯正動作は長い足に重心をかけるので、これを行うと患部〔左股関節痛〕に負担が来ますし、矯正になるように外股に歩いたら腰に激痛が走る、といった具合です。

まるで泥沼にはまりこんだかのような状態も、良くなって来ると、すべては両股関節の角度、左右足のバランスの問題であったのだと、はっきりと分かります。

頂いたコメントはこちら

おわりに

矯正をはじめて3ヵ月

股関節痛が消えたあとも左股関節に根深く残っていた“違和感”が、ようやく消失しました。その後、M・Oさんは、別件でハンズオブライトに立ち寄ってくださり、こともなげに話しながら奇跡の歩行で帰っていかれました。